×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太陽光パネルの口コミ

ミサワホーム(坪井利三郎商店)

私の住んでいる三重県桑名市付近の住宅地でも、近所の家が次々と太陽光パネルを設置して行くのを見て、一体いくらするのだろうかと興味半分で自宅建物の施工業者であるミサワホームに連絡した。
1週間ほどしてから下請け会社の人と二人で来てくれた。下請け会社の人の名刺を見たら名古屋の瓦屋さんだった。
どうして瓦屋さんなんだろうと思ったが、屋根の工事だから瓦屋さんが詳しいのかと勝手に納得したらどうも違うようで、ミサワホームが一番高い太陽光パネルを売り付けようとして、瓦を太陽光パネルと交換する商品説明のために瓦屋さんを連れてきたという事が分かった。

 

瓦屋さんの話を聞くと、ミサワホームの屋根は軽量化しているらしく普通の大きなパネルを乗せるのはあまり好ましくなく、重量バランスが取れる瓦と交換する形式の太陽光パネルが一番間違いがないという話をしたくれた。
どうもこの瓦屋さんと太陽光パネルのメーカーとが協力してこのパネルを作ったようである。

 

一応他社の価格もネットで大体の数字としてだが把握はしていたため、瓦屋さんの持ってきた商品の価格が割高であり、かつ発電効率も若干落ちるという事はすぐ分かった。
この時点でもう設置の意思は完全になくなっていたのだが、350万円近くの見積もりを提示してきた業者には半ばあきれ返ってしまった。

 

一応、自宅建物のデータはミサワホーム側ですべて持っていたため日光のあたる時間帯から1年間の予測発電量等のデータは作成してくれていたし、ミサワホームのリフォーム担当の方も瓦屋さんの担当の人もいい人だったので、むげにお断りすることなくありがたく見積もりを頂戴した。

 

二人が帰った後、発電予測量を改めて見直したところ1年間の自分の家の電力消費量を下回っており更に設置の意思はなくなった。
注文住宅ではないが、デザイン重視のミサワホームらしい見栄えのいい家だが、屋根の形が複雑で太陽光発電には不向きの屋根である。もう少し発電効率が良くならない限り設置をする気はない。